日本の文化

男性の腕を組んだ様子

昔から親しまれ続けている和服

半纏は江戸時代から庶民の間で親しまれてきた上着で、袢纏、半纏、半天とも表されます。今日でもあらゆるところで見かける事が出来ます。またほとんどの日本人は袢纏を着た経験がある事でしょう。半纏を着る機会としては、各地域で開催されるお祭り、企業や店舗ののイベント、団体のユニフォーム等が挙げられます。他には職人や消防の人等も半纏を仕事着として愛用しています。半纏は和服の一種ですが着物と違い非常に簡単に着る事が出来ます。しかもこれを着る事によって周りの雰囲気が明るくなるという効果もあります。普段はあまり気に留めていませんが、このように半纏は現在も日本の文化として広く浸透しています。そしてこれからもすたれる事無く多くの人々から愛され、さまざまな場面で利用されていく事でしょう。

洗濯する時に注意する事

半纏は既製の物とオーダーメイドの物があります。価格は既製の物だと千円台程度から購入出来ます。そして既製の物は洗濯機で洗える物も多く手入れが比較的簡単です。一方オーダーメイドの物は数万円と高額になります。そしてオーダーメイドの物は生地を染める事から始められる事が多いです。その為色移りや色あせを引き起こしてしまう場合がありまので、特に洗濯時には注意が必要です。洗濯する時の注意点としては、まず1着づつ洗う事です。複数枚を一度に洗うと色移りしてしまう事があります。次に注意する事はなるべく多くの水で洗う事です。少ない水の量で洗う事も色移りの原因となってしまいます。その他色移りを防ぐ為には脱水をあまり長くかけないようにするといいです。また洗う回数が増える程色落ちの心配が出てきます。ですからさほど汚れていないのであれば、水だけで洗うと色落ちしにくくなります。